1: みずねこが通ります 2021/10/13(水) 19:22:09.53
マーストーケンソリューション(東京都新宿区、小平尚社長)は、10月6日~8日にかけて東京・有明の東京ビッグサイトで開催された「第23回 自動認識総合展」に出展した。

今回の展示会でメイン製品となったのは新製品の『UHF帯RFIDゲート』。物流倉庫等での入出庫時に、UHFタグを貼付した荷物を専用アンテナゲートに通過させるだけで、複数の荷物を一括で読み取ることが可能。
検品・棚卸・ロケーション管理等での業務を大幅に改善する。

企業向け検温ソリューション『らくちん検温』にも注目が集まった。
同製品は、顔認証/ICカード認証機能を搭載したタブレットタイプのサーマルカメラにより、従業員の出勤時等の検温を行い、発熱者を検知。

検温状況は、管理者が各拠点を一括でリアルタイムに確認が可能で、検温状況の一覧表示や検索・抽出などのデータ活用が簡単に行える。
大規模工場で多くの導入実績があり、パチンコホールにも導入が進んでいるという。



【【卓越】パチンコホール向け設備機器メーカーが「第23回 自動認識総合展」に出展 顔認証技術に注目】の続きを読む