ねずみの速報

ちょっとした空き時間などに楽しめるまとめを不定期で更新!

    開店前の暇つぶしや待ち時間のお供にどうぞ♪

    2021年06月

    【刃牙で知った知識「砂糖水で人体は復元する」「石炭を握りつぶすとダイヤモンドになる」あとひとつは?】の続きを読む

    1: みずねこが通ります 2021/06/26(土) 19:11:56.865
    どうにかしてくれ

    【【画像】玄関の前にまじででかい猫がいて入れないんだが…】の続きを読む

    1: みずねこが通ります 2021/06/25(金) 15:37:50.22 _USER9
    緊急事態宣言下で多数のYouTuberが深夜までパーティーを開いていたとの『文春オンライン』のスクープを受けて、YouTuberが次々に謝罪する中、「ヘラヘラ三銃士」(登録者数112万人)の公開した動画に批判が集まっています。

    ヘラヘラ三銃士は、ありしゃん、さおりん、まりなの女性3人組YouTuber。
    文春の記事では、さおりんがパーティーに参加したとされていました。

    6月24日の23時ごろ、ヘラヘラ三銃士は「謝罪。この度は申し訳ございませんでした。」というタイトルの動画を公開しました。
    サムネイルは坊主頭となったさおりんで、謝罪するのかと思いきや、内容はさおりんが「コレコレ」(同141万人)の『炎上パンチ』を歌うというもの。

    炎上パンチは、YouTuberの炎上騒動をテーマにした曲で、「18歳って聞いてたのに 泊めたらやっぱり児ポ案件でした」など、過去に実際起きた騒動を踏まえている歌詞が特徴です。

    『炎上パンチ』をフルで歌った後は、さおりんからのコメントなどもなく動画は終了します。

    動画概要欄には「編集・企画 ありしゃん」とあることから、ありしゃんがこの企画を考えたものと思われます。

    批判を茶化すようなこの動画には、「これを自信満々にあげる神経」「ちゃんと謝ることもできないとかショックすぎるわ」「ふざけた動画上げれば、みんな水に流してくれると思ってるのがまずやばいね。」と失望のコメントが殺到。


    なんかめっちゃ残念です。
    いい年した大人なのに謝罪できないなんてこういう大人にならないように生きて行きます!
    今までありがとうございました!(1万6000いいね)

    まじで引くし、おもろいだろ?って感じまじで鳥肌立つ(3600いいね)

    ありしゃんもっと常識ある人だと思ってた さおりんも引き受けたのびっくり もう動画は見ないかな(3200いいね)
     

    など、数千~1万以上のいいねがついたコメントも。

    動画は、公開から11時間で動画は137万回再生されており、高評価が2万1500、低評価が1万4900。低評価率が41%と炎上状態。
    24~25日にかけて、チャンネル登録者数も2万人減少する事態となっています。 

    no title

    no title

    【【YouTuber】ヘラヘラ三銃士 “文春砲”茶化し大炎上 登録者2万人減少 「まじで引く」「もう動画は見ない」 】の続きを読む

    1: みずねこが通ります 2021/06/24(木) 09:47:00.24
    そして他の自動車に数回後ろから追突し、通報していた自転車の男性を真っ正面から車でひき殺そうとし、死んでないことを確認すると降りてきて暴力を振るおうとした

    もはやなんのSTだよこれ(´・ω・`)

    【【迷惑】苫小牧暴走事件、犯人はパチンコで負けてイライラしていたw】の続きを読む

    1: みずねこが通ります 2021/06/10(木) 00:43:22.921
    no title


    【【土曜も】画像でフフッてなったら寝ろwwwwwww】の続きを読む

    1: みずねこが通ります 2021/06/02(水) 21:48:31.48 0
    坂本龍馬は教科書に必要か 大政奉還や薩長同盟、史実は

     高校の歴史教科書から「坂本龍馬」が消えるかもしれない――。昨年11月に歴史教育の専門家らが示した用語の精選案について、「声」欄に賛否の意見が多数寄せられました。史料を基に龍馬や吉田松陰らの実像に迫った「司馬遼太郎が描かなかった幕末」の著者、一坂太郎・萩博物館特別学芸員はこれをどう見るか、話を伺いました。

    ――龍馬は教科書に必要だ、という意見が多かったです。

     今の教科書で龍馬がどう書かれているかというと、徳川慶喜が朝廷に政権を返還する「大政奉還」のところで出てきます。龍馬と土佐藩重役の後藤象二郎が、藩主を通して将軍慶喜に大政奉還を勧めたと。しかし、ここに龍馬を入れるのは正しくない。龍馬が大政奉還を唱えたという根拠になっていた文書「船中八策」は、後世に創作されたとの説が有力です。龍馬が提唱したことを示す証拠は出ていません。龍馬は大政奉還が実現した後、新政府綱領八策という文書を書いていますが、当時の知識人たちが他に何人も言っている内容で、これも新政府に影響を及ぼしたという証言が見つかっていません。

    ――薩長同盟はどうですか。薩摩藩と長州藩が軍事同盟を結ぶ際に「龍馬らが仲介した」と教科書に出てきます。

     薩長の間で何らかの周旋をしたという史実はある。例えば、薩摩藩から頼まれて「幕府が2回目の長州征伐の命令を出しても薩摩は動かない」という文書を長州藩に届けている。しかし、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」に出てくる、彼の一喝で両者がいきなり手を結んだとか、そういう分かりやすいものではありません。

    ――長州が薩摩名義で武器を購入した史実は? 「竜馬がゆく」では龍馬が発案、仲介して両者の軍事同盟のきっかけをつくったと。

     発案は違います。長州の木戸孝允の回想録に「薩摩の名義で武器を買わせてくれと龍馬に言った」とある。木戸がお願いしますねと言ったと。龍馬はわかったと引き受けたが、何の返事もないので木戸がいらいらして、見切り発車みたいな形で伊藤俊輔(博文)と井上聞多(馨)を長崎に送り込む。ここは史料で確認できる。伊藤、井上の木戸への報告の中にも、薩摩が合意したとはあるが、龍馬は出てきません。

    ――龍馬が仲介しているなら、名前が出てきてもよさそうですね。

     そうです。薩摩の要人が「ああ龍馬から聞いている」というような話にならないとおかしいのに、初めて聞くような言いぶりなのです。龍馬が仲介していたという史料は出てこない。

     先ほどの、薩摩の西郷隆盛と長州の木戸がそっぽを向いていたのを龍馬が飛び込んできて手を結ばせたという話は、「維新土佐勤王史」という大正元年に出た本に出てきます。物語半分、史料半分みたいな本ですが、明治政府で窓際に置かれていた土佐閥が、維新の時に俺たちはこんなに頑張ったのに、ないがしろにするのは何事かとアピールするために書いた側面が強い。その意味でこのエピソードは都合がいいのですが、史料を読む限り、物語のような展開で歴史が動いたとは考えがたい。維新直後に出版された志士100人列伝のような本に、龍馬は出てこない。当時は幕末の志士として誰も龍馬を思い出さなかったのです。

    ――龍馬の功績は、判然としていないと。




    【【悲報】坂本龍馬さん、教科書から削除されちゃうってマ?? 学者「偉業の95%は司馬遼太郎の創作、西郷隆盛の”パシリ”でしかない」】の続きを読む

    1: みずねこが通ります 2021/06/25(金) 13:18:20.469
    no title

    【【画像】新しい500円玉でか過ぎるwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ